光クラブ事件

1948年、東大在学中の山崎晃嗣が金融会社「光クラブ」を設立し、出資法違反で逮捕される。

それによって信用を失った山崎の会社は、資金繰りができなくなり倒産、山崎は青酸カリで自殺した。

時代は下って、ホリエモンこと堀江貴文氏が逮捕されたとき、この事件が若干脚光を浴びた。

真説 光クラブ事件

東大生・山崎晃嗣が光クラブに突っ走っていく様子を丹念に描き出しています。 真説 光クラブ事件 著者/訳者名 保阪正康/著 出版社名 角川書店 (ISBN:978-4048837781) 発行年月 2004年11月 価格 …

コメントなし

青の時代

光クラブ事件の山崎晃嗣と三島は、大学で交友があったらしく、この『青の時代』は、山崎を題材としたものとなっている。 青の時代 出版社名 新潮社 (ISBN:978-4101050201) 発行年月 2004年02月 価格 …

コメントなし
スポンサーリンク