下山事件

1949年、当時の国鉄総裁・下山定則が、出勤途中に三越日本橋本店に入り、そのまま失踪、翌日、轢死体となって発見された事件。

事件が起こった当時は、国鉄の人員整理が計画されており、労働組合とは全面対決の様相を呈していたため、労組・共産党の関与がささやかれたが、警察は他殺とも自殺とも断定できず迷宮入りした。

当時の時代状況などから、政府や米軍の関与も疑われたが、真相は全くもって闇の中である。「戦後最大の謎」と言われている。

下山事件 最後の証言

下山事件に関与したと考えられる亜細亜産業幹部の孫の著書。親族の証言をもとに、事件の核心に迫る。…が、最終的な結論はやはり出ず。迷宮入りです。 下山事件 最後の証言 著者/訳者名 柴田哲孝/著 出版社名 祥伝社 (ISBN…

コメントなし

下山事件(ケース)

下山事件を描いた書の中では、最も緻密に調査が行われた記録だと思う。 いい線いっているのだが、残念ながら証言のねつ造があった模様(詳細は、『下山事件 最後の証言』に書かれています。)。 下山事件(シモヤマ・ケース) 著者/…

コメントなし

謀殺下山事件

朝日新聞記者であった著者が丹念な取材を通じて描いた書。真実に近付くための努力に頭が下がります。 謀殺 下山事件 (祥伝社文庫) 著者/訳者名 矢田喜美雄/著 出版社名 祥伝社 (ISBN:978-4396335052) …

コメントなし
スポンサーリンク