政商と呼ばれた人々

戦後の復興や高度成長の時代には、様々な利害調整に介入して利を得る政商/フィクサーfixer)たちが、表に裏に活躍しました。

もともと、裏の世界の人たちなので、実態が明らかにされることは多くはないですが、”大物”フィクサーと呼ばれた人たちを描き出した本は結構あります。

児玉誉士夫

児玉誉士夫(こだま よしお)は、明治44年、福島県生まれ。

台頭するまでの間は謎の部分も多いが、日中戦争のさ中に上海で児玉機関を運営し、戦後に受け継がれる人脈と財を築きあげたという。

続きを読む

スポンサーリンク