帝銀事件 一覧

帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件

死刑囚として獄死した平沢貞通は、犯人ではない。真犯人Xは誰か?多くの疑惑に包まれた戦後犯罪。なかでも帝銀事件、下山事件、松川事件は、GHQ(アメリカ占領軍)の関与を抜きには考えられない。帝銀事件は、陸軍中野学校出身の特務機関員Xが、アメリカ軍の謀略部員と結託して行なった最高機密の化学兵器(ACH)の実験をおびた凶悪な犯罪である。日本の刑事警察の手が及ぶ事件ではなかった。Xと親交のあった平沢貞通の悲劇はそこからはじまっていたのである。50年の歳月を一身を賭して追跡した迫真のドキュメント。

帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件

  • 著者/訳者名 佐伯省/著
  • 出版社名 批評社 (ISBN:978-4826503457)
  • 発行年月 2002年01月
  • 価格 2,100円(税込)

ドキュメント帝銀事件

かなり読みづらい本ではありますが、捜査資料も多く、信頼感はあります。

ドキュメント帝銀事件

  • 著者/訳者名 和多田進/著
  • 出版社名 新風舎 (ISBN:978-4797492538)
  • 発行年月 2004年02月
  • 価格 830円(税込)

スポンサーリンク